Loading...
贅沢なひと時を彩る極上の香りと蜜の味わい 一期一会の出会いを楽しむトカイワインic-stamp
贅沢なひと時を彩る極上の香りと蜜の味わい 一期一会の出会いを楽しむトカイワイン贅沢なひと時を彩る極上の香りと蜜の味わい 一期一会の出会いを楽しむトカイワイン贅沢なひと時を彩る極上の香りと蜜の味わい 一期一会の出会いを楽しむトカイワイン贅沢なひと時を彩る極上の香りと蜜の味わい 一期一会の出会いを楽しむトカイワイン贅沢なひと時を彩る極上の香りと蜜の味わい 一期一会の出会いを楽しむトカイワイン贅沢なひと時を彩る極上の香りと蜜の味わい 一期一会の出会いを楽しむトカイワイン
Icon応援総額
106,500円目標金額 : 100,000円
IconIconIconIconIconIcon

目標達成率 : 106%

サポーター人数
終了まで残り
image

このプロジェクトを一言で言うと?

貴腐ワイン発祥のトカイ

貴腐ワイン発祥のハンガリー・トカイ地方。250年続くワイナリーの極甘口トカイワインと樽厳選の白ワインを!

Iconグルメ・フード・レストラン

贅沢なひと時を彩る極上の香りと蜜の味わい 一期一会の出会いを楽しむトカイワイン


Iconライブ配信情報

予定しているライブ配信はまだありません。 下のボタンをタップすると企画者にリクエストが送信されます。

Iconみんなの質問

プロジェクトについて質問やリターンに関する要望などを投稿することが出来ます。

贅沢なひと時を彩るトカイワイン

ハンガリーの極甘口ワイン・トカイワインは世界三大貴腐ワインの1つとして知られています。トカイワインの産地・ハンガリー東北部のトカイ地方は貴腐ワインというジャンルの甘口ワインの発祥地でもあります。

裾野にブドウ畑が広がるトカイ山。2019年に訪ねた際に撮影しました。

トカイワインは他の貴腐ワインとは違い、ランクや製法が厳格に管理されています。アスーと呼ばれるタイプの極甘口トカイワインは、1リットル中のワインに含まれる糖分(残糖度)が120グラム以上ないと名乗れません。また、トカイ地方の辛口白ワインには、ホルドバロガタスという樽厳選を意味するジャンルもあります。

このようなマネジメントが行われているのは、トカイワインがフランス国王・ルイ14世から「王のワインにして、ワインの王なり」と絶賛された歴史、ハンガリーが19世紀においてフランス、イタリアに次ぐワイン三大産地だった事実などが背景にあります。

過去から今に至るトカイ地方のブドウ畑やセラーは人類の歴史を伝えるものでもあり、その歴史的な意義からトカイ地方は世界文化遺産になっています。その地にセラー=写真=を構える家族経営のワイナリー、NAAR(ナール)の逸品は、贅沢なひと時を彩ります。

いつものワインに飲み飽きていませんか

カベルネソービニヨンやメルロー、シャルドネやカベルネフランなど、日本では国際品種のさまざまなワインを楽しめます。同じブドウであっても国や産地、ワイナリーによってその香り、味わいには大きな違いがありますが、世界には国際品種とはまったく違うさまざまなブドウがあります。世界には、日本ではあまり見られないワインで満ち溢れているのです。

ハンガリーのワイナリーで撮影した写真です。すべて極甘口のトカイワインです。

ハンガリー・トカイ地方でもっとも多く栽培されているブドウはフルミントです。その次がハールシュレベリュですが、ともにハンガリー固有の地ブドウで、ハンガリーのワイン以外ではほとんど使われていません。いずれも極甘口トカイワインになくてはならないブドウで、辛口白ワインにも使われる人気のブドウです。

今回のリターンの甘口トカイワインにはこの2つのブドウが使われており、樽厳選の辛口白ワインにはどちらか1つのブドウが使われています。

それらのワインには、いつものワインとはまったく違う爽やかさや華やかさ、力強さを感じていただけると思います。リターンのワインを紹介する前に、トカイブランドの源泉、トカイワインについて少し説明致します。

トカイ(貴腐)ワインとは

甘口トカイワインのジャンルである貴腐ワインは、ブドウが貴腐菌(ボトリティス・シネレア)に感染することで生まれる蜜の香りと蜜の味わいを楽しめる甘口ワインです。

1つの房の中にみずみずしいブドウの実がある一方で、干からびたブドウの実がみられます。この干からびた実が蜜の香りと味わいを凝縮させた貴腐ブドウです。

甘口ワインのジャンルには、完熟させることで糖度を高めるレイトハーベスト(遅摘み)のワイン、凍らせることで糖度を高めるアイスワインなどがありますが、菌の力で糖度を高めるのは貴腐ワインだけです。

貴腐菌は世界中どこにでもある常在菌で、多くの果物にとっては写真のイチゴのような灰色カビ病を発症させて腐らせる厄介な菌です。実はブドウも貴腐菌によって腐るのですが、一定の気象条件の下では腐らずに乾燥が進み、その過程で蜜の香りと蜜の味わいが凝縮されていくのです。その気象条件が世界でもごく限られた地域にしかないため、貴腐ワインはトカイやフランス、ドイツの一部地域など、ごく限られた場所でしか造れないのです。

この干からびたブドウのことを貴腐ブドウといい、この貴腐ブドウを多く使えば使うほど貴腐ワイン特有の蜜の香りと甘さが高まります。だからこそ、貴腐ワイン発祥のトカイワインは、1リットル中のワインの中に含まれる糖分・残糖度を重視しているのです。

「王のワインであり、ワインの王である」

世界初の貴腐ワイン・トカイワインが生まれたのは、1550年ごろと言われています。当時、甘口ワインはこの世になく、ワインといえばすべて辛口でした。砂糖の普及も上層階級の一部に限られ、ハチミツも多く出回るような時代ではなかったため、トカイワインは多くの貴族らに愛され、取り合いのようになりました。

フランスの太陽王、ルイ14世(1638~1715年)は「王のワインにして、ワインの王なり」と絶賛して愛飲し、ロシアのピョートル大帝(1672~1725年)もトカイワインに魅了され、毎年1万リットル以上のトカイワインを買い求めたとの話があります。

このような状況になると生まれるのが偽物です。この偽物防止のため、1737年、トカイワインの産地がハンガリー国王令によって定められ、トカイ地方以外のワインはトカイワインを名乗ることが禁じられました。合わせて、ブドウ栽培とワイン造りの規則が定められたのですが、これはフランスのAOC(原産地呼称)よりも200年早いできごとでした。

トカイのワイナリーはこのような輝かしい歴史の上に成り立っているため、よりよいワイン造りに強い情熱を持ち続けているのです。

この辺りの事情については、上記の本に記しています。わりと面白く読んでいただけているようですので、よろしければお読みください。

ロックシリーズとは

ロックシリーズは、ワイナリーのNAARが造った樽厳選の辛口白ワインシリーズのことです。樽厳選は、半年間寝かせた樽の中から、できのいいワインだけを瓶詰めしたことを意味しています。

NAARで使われているオーク樽は、すぐ近くにあるゼンプレン山脈のオークを使っているのですが、ここのオークはフレンチオークと並び称される質の高いものです。ですので、ロックシリーズの辛口白ワインはいずれもオークの香りが十分に感じられ、その奥行きの深さからさまざまな料理に合わせることができます。

ワイナリーのNAAR

今回のリターンは極甘口トカイワインも樽厳選の辛口白ワインも、トカイ地方にある家族経営のワイナリーNAARの逸品です。その歴史は250年前に始まり、冒頭の写真のセラーがあるゴンボシェギ・セラー群は長い歴史のあるセラー群です。

写真はセラー内に飾られたNAARのワインの数々です。

NAARで栽培しているブドウは極甘口トカイワインに最もよく使われるフルミントが60%、ハールシュレベリュが25%を占めています。そして、極甘口トカイワインとともに辛口白ワインも作り、ともにハンガリー国内で人気になっています。

このため、リターンの1つ、甘口トカイワイン・ナール トカイサモロドニ 2016の追加発注は受け入れてもらえず、次に輸入する同タイプのワインは2017年ヴィンテージになります。また、リターンに設定したロックシリーズ3つのうちの1つ、2015年ヴィンテージはワイナリーのサイトから消え、ハールシュレベリュは写真(サイトのスクリーンショット)のように完売と記されています。

2016年ヴィンテージのサモロドニはまだ少し弊社の倉庫にありますので、今回のリターンに設定できました。また、ロックシリーズの3種類のワインもまだ倉庫にあるため、今回のリターンに設定できたのですが、少なくとも2種類は再輸入できません。

NAARの試飲スペースに並べられたボトルです。

その意味で、今回のワインはまさに一期一会の出会いを楽しめるワインなのです。トカイ(貴腐)ワインの500年に及ぶ歴史、250年のNAARの歴史も踏まえて味わっていただければ、よりロマンチックになると思います。

ワイン紹介

ナール トカイ アスー 2016

トカイ(貴腐)ワインには2つの製法があります。干からびた貴腐ブドウのみをより分けて醸造するタイプと、貴腐ブドウのある房をまるごと使って醸造するタイプです。

アスーは貴腐ブドウのみのジュースを使って醸造するため、貴腐ブドウ特有の蜜の香りと甘みを高めることができます。また、アスーは1リットルのワインに120グラム以上の糖分(残糖度)がないと名乗れないのですが、このワインは136 グラムあり、十分な甘みを感じられます。

ブドウはフルミントとハールシュレベリュが 50%ずつ。蜜の香りとともに柑橘系のさわやかな香りが感じられます。酸味もしっかりとしており、酸と甘さのマリアージュを楽しめます。このワインはNAARに在庫がありますが、弊社の在庫は少なくなっており、再輸入前の販売は今回が最後になります。

アルコール度数 11%。容量 500 ミリリットル。原産国・ハンガリー。

ナール トカイ サモロドニ 2016

サモロドニはアスーと違い、貴腐ブドウのある房をまるごと使って醸造するタイプのトカイワインです。残糖度は房の中にある貴腐ブドウの量に依存するため、サモロドニの残糖度はさまざまです。

ただ、甘口のサモロドニの残糖度は45グラム以上という縛りがありますので、サモロドニには一定の甘みがありのます。2016年のこのサモロドニの残糖度は62.5グラムですので、十分に甘口トカイワインの蜜の香りと味わいを楽しんでいただけます。使われているブドウはフルミントと ハールシュレベリュです。NAARにも在庫が少なく、再輸入できません。次回は2017ヴィンテージになります。

アルコール度数 12.5%。500ml。原産国・ハンガリー。

ナール トカイ フルミント ホルドバロガタス 2015

ホルドーバロガタスは、熟成中の樽のなかからできのよい樽のワインだけで瓶詰めされたボトルの意味で、オーク樽で半年余り熟成されています。甘口トカイワインでもっともよく使われるフルミント 100%のこの辛口白ワインは、香りのなかに樽香がほんのりある一方で、味わいには樽の感じがしっかりあり、揚げ物にぴったりと合います。炭火の香りともマッチしますので、焼き鳥などにも合わせていただけます。すでにNAARのサイトからも消えており、再輸入ができません。

アルコール度数 13.5%。750ml。原産国・ハンガリー。

ナール トカイ フルミント ホルドバロガタス 2020

上の樽厳選辛口白ワインのヴィンテージ違いです。深みの点では2015に負けますが、香りや味わいに樽の感じがしっかりある一方で、2015年ヴィンテージに比べるとさわやかな飲みやすさもあります。スモークサーモンなどにも合いますし、ワイン単体でも飲み進められます。

アルコール度数 12.5%。750ml。原産国・ハンガリー。

ナール トカイ ハールシュレベリュ ホルドバロガタス 2020

フルミントと並んで極甘口トカイワインに使われることの多いハールシュレベリュ 100%の樽厳選辛口白ワインです。辛口でありながらも香りの中に甘さがあり、リンゴなどのフルーツのきれいな香りも感じさせます。

アルコール度数が 14.0%でありながら糖分がわりと残っており、きれいな酸とともに味わいにも甘さが感じられます。オーク樽で熟成された複雑さも加わり、幅広い料理に合い、鶏の味噌炒めに合わせるのもおもしろいでしょう。

アルコール度数14.0%。750ml。原産国・ハンガリー。

株式会社La Baratではリターンに設定した商品をすでに福井県内の倉庫に保管しております。よほどのことがない限りはプロジェクト終了から数日以内に発送しますので5月中にお届けできる予定です。

ただ、このスケジュールはあくまでプロジェクト公開時点の予定です。クラウドファンディングの性質上、配送遅延のおそれがございます。 ※原則として、配送遅延に伴う応援のキャンセルはできませんが、リターン配送予定月から6ヵ月を超えた場合には、希望者に限りキャンセルにて対応させていただきます。ただし、イメージと違った、などの理由では返品はできません。ご理解ください。

みんなの期待値
(10件中)

わくわく感
4.60
目新しさ
4.10
おすすめ度
4.40
企画者情報

La Barat
フォロワー数1人

株式会社La Baratは、代表取締役の飯塚がトカイワインに惚れこんだことをきっかけに2020年秋に初めてトカイワインを中心にしたハンガリーワインを輸入しました。以来、コロナ禍にあってほそぼそと輸入を続けていましたが、昨年に初めてリーファー(冷蔵)コンテナによる船便での輸入にこぎつけました。今回のワインは、船便によるコスト削減によりリーズナブルな価格設定にしています。

リターンを選ぶ