Loading...
Loading...
ラジコンカーをポン付けでFPV化
ラジコンカーをポン付けでFPV化ラジコンカーをポン付けでFPV化
Icon応援総額
4,000円目標金額 : 300,000円
IconIconIconIconIconIcon

目標達成率 : 1%

サポーター人数
終了まで残り
image

このプロジェクトを一言で言うと?

手軽にFPV入門!

ラジコンカーにポン付けするだけで、FPVラジコン化することができます。

Iconガジェット・電子機器

ラジコンカーをポン付けでFPV化


Iconライブ配信情報

予定しているライブ配信はまだありません。 下のボタンをタップすると企画者にリクエストが送信されます。

Iconみんなの質問
nobumyworksnobumyworks

安価でおすすめのVRゴーグルを示していただけますとわかりやすいですし、決めやすいです。 プロポはフタバをそのまま使用予定です。 レースに出るならあとはVRゴーグルのみかと思いますが、そのあたりがわかりにくいです。 使用想定をいくつかのパターンで設定して、それぞれて、必要なものリストをまとめて下さい

もっと見る・質問する

小さくなって、ラジコンカーに乗ってみたいと思ったことはありませんか?

「FPVカメラユニット」を使えば、ラジコンカーやラジコン船、ラジコン飛行機にだって乗れます。

とはいえ、1/10ラジコンカーに乗ろうとしても、大きさ的に乗ることはできません。そこで、大きさの問題を解決してくれるのが、FPV (First Person View、一人称視点) 遠隔操縦です。

マシンの中に搭載したカメラ映像を、ARグラス、VRゴーグル、モニター等で見ながら、そのマシンを遠隔で操縦することで、まるで乗り込んでいるかのような体験ができるのです。(YouTube動画は、1/10 FPV Carの主観動画です。)

C1株式会社は、FPV遠隔操縦の中でも、Cockpit-FPVという、実機と同じ操作機器で操縦する方式のコックピット、「C1 Cockpit」を持っています。例えば、1/10カーを、ステアリング、スロットルペダル、ブレーキペダル、といった実際の自動車の操縦系で、ドローン(クワッドコプター)を、操縦桿、スロットルレバー、ラダーペダル、といった、実際の飛行機の操縦系で、操縦することができます。

ただし、「C1 Cockpit」は、現在、操作性進化の途上であること、お試しで購入するには既にやや高額であることから、もっと手軽にFPVを始めることができないか、と開発したのが、今回の「FPVカメラユニット」です。

FPVカメラユニットは、FPV入門用のデバイスであり、ラジコンカーにポン付けするだけで、FPVラジコンカー化できます。具体的なポン付け方法は、以下の3ステップです。

1)ラジコンカーのボディの内側にカメラを同梱の両面テープで固定、任意のテープ類で強化

2)映像送信モジュールを、落下防止の為、シャーシの任意の場所に同梱のマジックテープで固定

3)ラジコンカーのバッテリーとESC間のプラグに、FPVカメラユニットのプラグを接続

ラジコンカーを想定して開発しましたが、3)のプラグで電源をとることができて、マシンにユニットを固定できれば、ラジコン船やラジコン飛行機に搭載することも可能です。(船については防水対策も必要になります)

また、スマートホンをラジコンに搭載してビデオ通話する、小型ネットワークカメラ等、他の手段(下図右側)との違いとして、映像送信の遅れがほぼない(0.03秒以下)方式を採用しています。

その為、本「FPVカメラユニット」の映像送信をするには、法律上、第四級アマチュア無線技士免許の取得と、アマチュア局開局の手続きをする必要がある、ということにご留意ください。

その他、始める為に必要な準備は、C1ウェブサイトのEntryページに記載しておりますのでご確認ください。また、それらの準備に自信のない方は、【C1 Academy】Start講座を受講いただければ、迷いなく進めていただくことができるとともに、走行レクチャーを受けることができます。

そして、FPVラジコンを始める方にお勧めしたいのが、2024年7月27日(土)に開催予定の、C1 FPV 2024 NYCへの出場です。他のFPVドライバーと競うことができます。そして、その中で上位の成績を収めた方は、C1 2024 KASHIWAへご招待します。C1 2024 KASHIWAでは、FPVドライバーだけではなく、AI Carも出場する、人間vsAIのレースとなります。

2025年6月17日(火)~23日(月)に、C1株式会社は、大阪・関西万博2025、大阪ヘルスケアパビリオンへ出展を予定しておりますが、6月21日(土)にC1 FPV 2025 EXPO(FPV Carのみのレース)、6月22日(日)にC1 2025 EXPO(人間vsAIのレース)を開催予定です。いずれも、大阪ヘルスケアパビリオンと中継でつなぎ、万博会場近郊のコースにて開催します。

そして、レースの上位FPVドライバー数名にて、6月23日、1/10FPV Carのギネス世界最速記録に挑戦することを予定しております。ギネス世界記録挑戦に関する詳細は、別途C1ウェブサイトにて情報公開します。

 

その他の製品情報

製造国:日本

保証期間:購入日から60日

保証条件・内容:衝撃による破損を除く製品不具合に対し、送付いただければ、修理して返送します。

留意いただきたい点

・デザインや仕様が変更になる可能性があります。

・原材料の調達期間の影響で、スケジュール通りに製造や発送が行われない可能性もあります。

・予想外に多くの応援いただいた場合、製造が遅れる可能性があります。

・イメージと違った、その他、お客様都合での返品はできません。

みんなの期待値
(0件中)

わくわく感
0.00
目新しさ
0.00
おすすめ度
0.00
企画者情報

C1株式会社
フォロワー数8人

C1株式会社は、「C1 Race」という、人間 vs AIの1/10カーレースを開催しています。C1マシンの開発自由度は高く、技術の戦いと位置付けていますが、直接目視操作は禁止となる為、人間が操縦する場合は、FPV(一人称視点)による必要があります。 今回の「FPVカメラユニット」は、通常の1/10 RCカーにポン付けすることで、手軽にFPV化することができる装置であり、皆さんに気軽にFPVを始めていただければと思います。 ゆくゆくは、C1競技を通じて、1/1実機のFPV遠隔操縦でも活躍できるエキスパートを育成をしていきたいと考えています。

リターンを選ぶ